• HOME
  • 製品情報
  • 食品工場向け:計量器付連続海苔巻き成形機 SVR-SAE-W50

計量器付連続海苔巻き成形機SVR-SAE-W50

  • ふっくら手巻き感覚で、海苔巻きを自動で生産する量産重視のWラインタイプ
  • 2本のラインを同時に稼働させることで、海苔巻きを連続で毎時5000本生産します
  • 海苔蛇行防止機能及びシャリシート計量機能を搭載し、生産性を向上させます
  • ユニット交換で細巻き、中巻き、太巻きに対応し、裏巻き、角巻き、丸巻きの生産ができます
  • 1ラインタイプのSVR-SAE-S25もあります(生産能力:2500本/時)

できあがりメニュー

仕様

機械寸法 6635W×1210D×1965(±50)Hmm(突起物含まず)
6635W×2530D×2170Hmm(リフター及びカバー旋回時)
トッピングコンベア2.5m時
※トッピングコンベア伸縮選択(2.5m/3m/3.5m/4m/4.3m
生産能力 ■連巻き 5000本/時(両ライン稼働時・海苔巻き長さ180mm)
■1本巻き 3200本/時(カット海苔供給装置使用時)
ホッパー容量 約15kg(約4.5升)
電源 三相200V 50/60Hz
最大消費電力 3.84kW(オプション含まず)

PAGE TOP